マンション経営投資のリスクとメリット徹底調査

マンション経営のリスクを減らす方法や人気不動産投資会社をランキング

サイトマップ

HOME » マンション経営に投資するメリット » 自己資金が低い

自己資金が低い

このページでは、マンション経営投資のメリットのひとつ、「自己資金の低さ」について解説しています。

少額ではじめるマンション経営投資

不動産投資のなかでも、初期費用が少ないのがワンルームマンションの経営投資の特徴です。

不動産投資というと、物件の購入のために高額な初期投資が必要だと思われがちです。

確かに、アパートやマンション、ビルなどを一棟建てて運用するということであれば、相当な額が必要になります。しかし、ワンルームマンションを一部屋から購入できるワンルームマンション経営投資は、自己資金が少なくても始められるため、30代~40代のサラリーマンや公務員の方に、特に人気があります。

自己資金はどれくらい?

多くの場合、マンション経営を始める場合はローンを組んで物件を購入することになります。

その際の自己資金は、100万円~300万円ほど用意する場合が多いようです。それほど高額ではないので、自己資金として1,000~2,000万円を用意し、複数の物件を運用するケースも最近は増えてきたと言われています。

1部屋あたりの月々の負担額はそれほど大きくないので、複数戸の運用も十分視野に入れていくことが可能です。

頭金ゼロでも始められる!

また、物件の価格総額がそれほど大きくないため、頭金がゼロからでもローンを組むことができます。月々の負担額はもちろん多くなりますが、家賃収入で大部分をまかなうことができます。

頭金以外の初期費用

ローンの頭金以外に必要になるのが、税金や手数料となります。たとえば、2,330万円で募集家賃が96,000円の物件の場合では、登記費用やローンの事務手数料はだいたい135万円程度になります。

それと、不動産取得税が約15万円。頭金がゼロなら、最初にかかる費用はこれだけです。

今からでもはじめられる

いかがですか?マンション経営投資は、初期費用の壁がそれほど高くないことがお分かりいただけたでしょうか。

不動産投資のなかでは、気軽に始めやすいワンルームマンション経営。「不動産投資は敷居が高くて…」などと思わず、ぜひ取り組んでみてください。