マンション経営投資のリスクとメリット徹底調査

マンション経営のリスクを減らす方法や人気不動産投資会社をランキング

サイトマップ

HOME » マンション経営投資の4大リスク一覧 » 空室のリスク

空室のリスク

このページでは、マンション経営投資のリスクのひとつである空室についてまとめています。

マンション経営のリスク・空室

マンション経営投資をするにあたって、まずはじめに頭に浮かぶリスクは「空室」です。

ローンを組んでマンションを購入した場合、家賃収入をあてて返済していくことになります。家賃収入があれば返済額の負担は少なくなり、あるいは利益を生み出します。しかし、ひとたび空室になってしまえば、毎月の家賃に相当する額を自分で支払わなければなりません。

では、空室のリスクが大きいマンションとは、どのような物件なのでしょうか。

こんなマンションは空きが出る

不人気物件になりやすい条件としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 立地が悪い
  • 駅から遠い
  • 建物が古臭い
  • 部屋の間取りがニーズと合わない
  • 地域の人口が減少している

立地・駅からの距離

部屋を借りるときに、まず気になるのが立地。最寄りの駅は職場や学校へのアクセス、買い物の便利さ、治安のよさなど、生活のクオリティに大きく影響する要素です。また、駅から遠い場合は通勤・通学に不便であるだけではなく、女性の場合は安全面を考慮して避ける傾向にあります。

建物の古さ

立地や間取りといった条件を満たしていても、内見のときの第一印象が「古臭い」「汚い」「おしゃれではない」といったものでは、入居してもらえる可能性も低くなります。建物が清潔で、「ここに住みたい」と思わせる物件でなくてはなりません。

ニーズとの不一致

マンションの間取りは、大きく単身者向けとファミリー向けに分けられます。地域によって異なりますが、単身世帯が増加する傾向にあるいま、ニーズがあるのは単身者向けの物件です。

ファミリー向けの物件は、都内では10万円を超える額が一般的な相場ですが、「これだけの家賃を払うなら、借りるのではなく買ってしまったほうがいい」と考えるのが合理的です。また、ファミリーの場合は1戸建てという選択肢もあるため、賃貸マンションの需要は単身者向けの物件に比べ、相対的に低くなります。

地域の人口

人口の流出入は、それぞれの地域によって傾向があります。人口が継続的に流入してくる地域もあれば、新たな住人が増えず、人口が減少する地域もあります。依然として人口の移動は東京一極集中の傾向にあり、都内は人口が増え続ける一方で、地方は弁償傾向にあります。また、都内でも近年は都心の人気が再び高まっており、特に注目されているところです。

空室リスクを避けるには?

こういった条件を持っている物件は、空室のリスクが高くなります。ということは、これらの条件を満たさない、魅力的な物件に投資することがマンション投資を成功させる秘訣になります。では、投資すべき物件に必要な条件をまとめてみましょう。

  • 都心へのアクセスがよく、駅チカである
  • 建物の外観や内装に好感がもてて、年月が経っても古臭くならない
  • 単身者世帯へのニーズを満たす物件である
  • 人口が増加しているエリアにある

こういった条件を満たした物件を見つけ出すことが肝要です。

物件を賢く探す!

良条件の物件への投資ができるかどうかは、投資にかかわる不動産投資会社によるところが大きいといえます。たとえば、長期間にわたって安定した入居率を確保できるような物件を取り扱っている不動産投資会社であれば、安心して投資することができるでしょう。

それぞれの不動産投資会社では、利回りの良さや流行を取り入れた物件など、さまざまな形で投資を持ちかけてきます。しかし、目先の利益にとらわれるのではなく、長期に渡って家賃収入が得られる物件を扱っている投資会社を選び、賢く物件を選ぶことが重要です。

参考までに、評判んお高い不動産投資会社について調べ、ランキング形式でまとめてみたものがあります。どれも良物件の条件を満たした投資会社ですので、ぜひご覧になってみてください。

>>空室リスクの少ない投資会社ランキングはこちら<<