マンション経営投資のリスクとメリット徹底調査

マンション経営のリスクを減らす方法や人気不動産投資会社をランキング

サイトマップ

HOME » マンション経営投資の4大リスク一覧 » 災害のリスク

災害のリスク

このページでは、マンション経営投資のリスクのひとつである「自然災害」についてまとめています。

自然災害のリスクを抑えるには?

マンション経営投資をはじめる上で、どうしても不安になってしまうのは自然災害による被害です。地震による倒壊・破損、火災に依る焼失、台風や洪水による浸水…。これらの災害が起きるのを避ける術はありません。

ですから、リスクをできるだけ小さくするのは、災害が起きたときの被害を最小限に抑えるための対策です。ここでは、そんな災害対策についてまとめていきます。

地震

地震による被害を最小限に抑えるためには、建築基準を満たしていることを確認することが重要です。

被害を受けるのは古い建物?

未だ記憶に新しいのが、1995年の阪神・淡路大震災、そして2011年の東日本大震災。地震による建物の損壊や倒壊が、マスメディアで数多く報道されました。

しかし、実はそのような地震による直接の被害があったのは、1981年以前に建てられた古い建物がほとんどだということをご存じでしょうか。1981年に施行された新耐震設計法で定められた基準を満たしている建物にかんしては、被害を小さく抑えることができると想定されます。

問題は、購入する物件が「本当に」基準を満たしているか、という点にあります。設計段階では耐震基準を満たしていても、実際の施工ではそれを満たしていない、というケースが残念ながら存在するようです。

それを受けて、2007年には建築確認制度がより厳密なものになりました。この法令のもとでは、設計と施工の整合性が求められるため、実際に建てられたものの耐震性は信頼できます。

ですから、地震による被害のリスクを抑えるには、2007年施行の法令に基づいて建てられた物件を選ぶことが必要です。

火災

地震同様、火災そのものを防ぐことはできません。火災による被害を最小限にする仕組みが必要です。

まず、鉄筋コンクリートのマンションであれば躯体が焼失することはありません。また、火災報知機やスプリンクラーといった防災設備のメンテナンスがしっかりとされていれば、発生後の延焼を防ぐこともできるでしょう。

水害

台風や洪水といった水害も懸念されます。水害を避けるには、水辺の物件を避けるほかありません。台風にかんしては、どうにも避けようがありません。

ですから、発生後のメンテンナンスのコストを抑えることが必要になります。メンテナンスのしやすさは、もちろん他の自然災害の場合にも重要なポイントになってきます。では、どんな物件ならメンテナンスがしやすくなるのでしょうか。

アフターケアのしやすさに注目

建物のメンテナンスのしやすさを決めるのは、資材の代替品をいかに手に入れるか、という点にあります。

近年の建築物は、特殊な耐震設計や免震構造などを採用したり、趣向を凝らした内装・外装を施したりしています。

しかし、これらの建物には特注品や海外製品が資材として使われており、もし地震などによって損壊があった場合に、資材の調達のために大きな出費を強いられることになります。これがコストパフォーマンスの大きな低下を招くことは容易に想像できるでしょう。

先を見据えた物件探し

自然災害に限らず、築年数を重ねた物件には必ずメンテナンスが必要になります。そのときに、いかにメンテナンスコストを抑えるかがマンション経営投資の成功に関わってくるのです。

十年先、二十年先、あるいは万が一の災害といった、将来の出来事まで見据えたコスト管理ができている物件を選ぶように心がけることが、結果的に自然災害によるリスクを抑えることになるでしょう。

ところが、このようなコスト意識にまで気を配っている不動産投資会社を見つけることは、それほど簡単なことではありません。そこで、コストへの配慮が行き届いた物件を取り扱う不動産投資会社を独自に調査してみました。各社がどのようにコスト管理をしているか、参考にしてみてください。

>>自然災害のリスクを抑えるならこの会社!<<