マンション経営投資のリスクとメリット徹底調査

マンション経営のリスクを減らす方法や人気不動産投資会社をランキング

サイトマップ

HOME » マンション経営投資の4大リスク一覧 » 家賃滞納のリスク

家賃滞納のリスク

このページでは、マンション経営投資のリスクのひとつである「家賃滞納」についてまとめています。

マンション経営のリスク「家賃滞納」

マンション経営投資に対するリターンは、もちろん家賃収入です。購入したマンションに入居者がいれば、本来はそれだけで収入が発生します。しかし、見落としてはならないのが「家賃滞納」というリスクです。

ここ数年の景気の悪化を受けて、家賃の支払いが難しくなるケースが増えています。リストラ、賃金カットなど、家賃を受け取る方にとっても頭の痛い問題は増加する一方です。

これはマンションオーナーの問題ではなく、入居者の個人的な問題によるリスクですが、オーナー側ではどんな対策ができるでしょうか?そこで、家賃滞納のリスクを避けるための方法を考えていきましょう。

このリスクの特徴

オーナーは入居者を選べない
上述のように、家賃滞納というリスクは、原因がマンションオーナーや物件そのものにあるわけではありません。

オーナーは基本的には入居者を選ぶことはできませんから、入居者の性格についてはある程度運任せになってしまいます。ですから、家賃滞納に対して能動的な対策をとることは難しいといえます。

家賃滞納をめぐる現況
オーナーにとって、さらに頭の痛い問題があります。家賃の滞納をめぐる争いにおいて、近年の政策や法律は消費者=入居者を保護していく傾向にあります。

特に,家賃の取立てや督促に対しての世論の反発が強く、少しでも強引な督促をすると、刑事事件あるいは民事事件になってしまいます。裁判所でも、入居者サイドの事情を考慮した判決を出す傾向があります。

1ヶ月分の家賃が払えない人が、2ヶ月あるいは3ヶ月分の家賃を払うことはできるはずがありません。滞納が長引く前に早い段階で督促をする必要がありますが、入居者が少しでも支払いを渋れば、すぐに滞納額が累積していきます。

それでも厳しい取立てや督促はできませんから、悪循環を招くことになってしまいます。

家賃滞納データベース
入居者の連帯保証を請け負う連帯保証業者がつくる社団法人「全国賃貸保証業協会」では、入居者の信用情報が閲覧できる「家賃滞納データベース」を設けました。家賃滞納の前歴があるかどうかを参照できるデータベースです。

これがあれば家賃滞納をしそうな入居者を事前に調べることができるように思えますが、実際にはそうではありません。それが故意に滞納している悪質な入居者だったのか、それともたまたま失業していたり、事情があって滞納してしまったのか、ということでは調べることができません。

ですから、入居者として問題のない入居希望者でも、連帯保証業者が保証を断ってしまうケースが考えられます。そうなれば、入居のチャンスを失ってしまうことになるのです。

家賃滞納を防ぐには?

このような、マンションオーナーにとって不利な状況で、家賃滞納を防ぐにはどうしたらいいでしょうか。

そのためには、質の高い入居者が入居を希望するような物件選びをすることが最大の対策です。不安的な低所得者向けの物件ではなく、物件そのもののクオリティが高く、信頼できる人物でないと入居できないような、ハイグレードな物件であれば、悪質な人物の入居のリスクは低減することができます。

同様に重要なのが、適切な家賃の設定です。たとえ質の高い物件であっても、家賃が高すぎる場合には入居希望者が集まりません。物件のグレードと、それに見合った家賃の設定。これが、家賃滞納を防ぐ唯一の対策なのです。

不動産投資会社選びが大切!

では、物件のグレードと適切な家賃設定を実現するには何が必要なのでしょう。おそらくもっとも重要なのは、「信頼できる不動産投資会社をきちんと選ぶこと」だと思います。

クオリティの高い入居者が集まる物件を取り扱っていること、そして適切な家賃設定をもって高い入居率の実績があること。この2点を押さえている不動産投資会社であれば、信頼できるといってもいいでしょう。

最後に、このような不動産投資会社を独自に探し、オススメランキングを作成してみました。信頼できる不動産投資会社選びの参考として、ぜひご覧になってみてください。

>>家賃滞納を防ぐオススメ不動産投資会社ランキングはこちら<<