マンション経営投資のリスクとメリット徹底調査

マンション経営のリスクを減らす方法や人気不動産投資会社をランキング

サイトマップ

HOME » マンションオーナーの経営投資体験談 » 年収1,100万円 会社員(神奈川県)

年収1,100万円 会社員(神奈川県)

このページでは、不動産投資会社を乗り換えて、より堅実な家賃収入を手に入れた男性の体験談を紹介しています。

信頼できる会社と物件選びが大切!

不動産投資会社を選んだきっかけ

まずはじめに、私は中古で利回りのよさそうな物件を購入しました。入居者がいる間はよかったのですが、1年もすると空室になってしまい、賃料を1万円下げた半年後まで入居がありませんでした。

賃料を下げた分だけ、月々の負担は増え、その後も不動産会社からのフォローもいまいち納得のいくものではなく、不満を抱えていたのです。

たまたまそのころ、職場の上司からヴェリタス・インベストメントの紹介を受け、前述の物件についてお話をしました。営業の方がおっしゃるには、これといった特徴がないにもかかわらず、相場よりも家賃が高いこと。そして、サブリース契約による空室保証がないこと。この2点が問題だということでした。

このときの好印象を信じて、2部屋目はヴェリタス・インベストメントにお任せすることにしたのです。

2部屋目

ヴェリタス・インベストメントが紹介してくれた物件は、都心の駅近という好立地。デザイナーズマンションということもあり、ひと目で気に入りました。サブリース契約により、空室時の家賃保証があったので、安心して購入することができたのもよかったと思います。

私は、老後の生活費として1ヶ月40万円ほどを想定しており、年金のほかに20万円の収入は確保したいと考えています。信頼できる不動産会社に出会えたので、この調子で複数戸を所持して、将来に備えたいと思います。

サブリース保証は必須!

この男性の1部屋目にかんする最大のミスは、サブリース契約による保証がない物件を選んでしまったことでしょう。

マンション経営のメリットは安定した家賃収入ですから、確実に家賃収入が得られることは必須条件です。これといった特徴のない物件では、空室のリスクを避けることは難しいかもしれません。

2部屋目で、サブリース保証のある業者を選んだのは賢明だと思います。長期に渡る投資ですから、オーナーの立場にたって、価値のある物件を紹介し、保証も用意できるような、信頼感のある不動産会社を選ぶことが重要といえるのではないでしょうか。